1. Top
  2. Products
  3. Wall clock

母国デンマークの地で半世紀の時を経て忠実によみがえった掛け時計

デンマークの伝統的なデザインを踏襲し育むことに努めているROSENDAHL社は、数年来海外の製造業者に委ねられていたデンマークの誇りとも言える3つのヤコブセンクロックの製造権を獲得し、同時にこのウォールクロックをオリジナルデザインに忠実に甦らせることを責務とした再興プロジェクトを立ち上げました。ヤコブセンのスタイルそして信念を100%忠実に守っていることを保証するために、ROSENDAHL社は「Roman」の設計図及び「Bankers」「City Hall」の現存するオリジナルクロックを入手し、そして、亡きヤコブセンの意思を継ぐ後継者の一人である建築家のテイト・ヴァイラント氏を監修に招き、共同制作のもと実現しました。一体型を実現した文字盤や、美しく弧を描くミネラルガラスとステンレスケース、裏蓋、色などに、テイト氏のこだわりが色濃く感じられます。テイト氏はのちにこう語っています。「私はどんなリクエストに対しても製造業者が最後まで責任を放棄しないということを唯一の条件として、このプロジェクトへの参加を決めました。私は製造過程の様々な機会で『No』を言ってきました。それは、私にはこの製品がオリジナルと限りなく近いことを保証する責任があったからです。針、ケーシング、ガラスの形状…、ありとあらゆるところを調べ、そして全てを乗り切りました。」と。こうして「Bankers」「Roman」「CityHall」の3つのヤコブセンクロックは、晴れてオリジナルデザインに忠実に、母国デンマークの地で甦りました。

Teit Weylandt

1941年生まれ。1966年デンマーク王立芸術アカデミー卒業後、1966年~1971年までアルネ・ヤコブセン建築事務所でVolaやシリンダ・ラインなどのプロダクトデザインに携わり、「ナイト」の爵位を授与される。ヤコブセンの死後、アルネ・ヤコブセン建築事務所を引き継いだ「ディシング+ヴァイトリング建築事務所*」にて従事し、亡きヤコブセンの精神を引き継ぐ後継者の一人となる。2003年以降、自身のスタジオを開き、また、ヤコブセンの家具を製造するフリッツハンセン社にコンサルタントとして従事する。

※「ディシング+ヴァイトリング事務所」とは、ヤコブセンの意思を受け継いだ後継者 であるHANS DISSING(ハンス・ディシング)(1998年死去)とOTTO WEITLING(オットー・ヴァイトリング)の二人の名前に由来。

ヤコブセンのスタイル、信念を100%忠実に守っていることを保証するために入手された「Roman」の設計図。

Cace Design Bankers / City Hall / Bankers

ヤコブセンクロックの全ての製品の特徴とも言えるステンレスケースとの一体型を実現した文字盤。ステンレスケースの曲面に直接印刷をすることで、平坦では決して表現できない独特の立体感を演出しています。

Cace Design Bankers / City Hall / Bankers

美しく弧を描くミネラルガラスとステンレスケース。2つの緩やかな曲面さえもオリジナルに忠実に再現しました。

Back Case Design Roman / City Hall / Bankers

スライド式でムーブメントを収納しているステンレスケースの裏蓋。ブラッシュ加工されたステンレスで、裏側までも美しい仕上げになっています。

Hand Design Bankers

バンカーズクロックの顔とも言える赤。明るく艶やかな赤の色味にこだわり、わずか2つしか現存しない希少なオリジナルクロックを入手し忠実に再現されました。また、平ではない円柱のグレーの針もオリジナルと同じ仕様です。