1. Top
  2. Products
  3. Table Clock

ヤコブセンの原点ともいえる幻の名品“テーブルクロック”が70年以上の時を経て、現代に忠実に復刻。

アルネ・ヤコブセンは、デンマークが生んだ20世紀で最も影響力のある建築家兼デザイナーであり、今日のモダンな北欧デザインの原型を作り上げたデンマークデザインの父と呼ばれています。
建築物、チェアー、照明、掛け時計・・・多くの名作を残した背景に、ヤコブセンのプロダクトデザイナーとしてのルーツを辿る“幻の作品”の存在がありました。1930年代後半、ヤコブセンはベラヴィスタ集合住宅をはじめとした大規模リゾートプロジェクトの成功をきっかけに、デンマーク最大手の電気機器製造会社「Lauritz Knudsen(ラウリッツ クヌーセン)」のテーブルクロックデザイナーに抜擢されました。
大戦の影響もありわずかな期間で販売終了となったことから“幻のテーブルクロック”とも呼ばれているこのプロダクトは、それまで住宅設計を主としてきたヤコブセンにとっての転機となり、その後の歴史に残る数々のプロダクトデザインの幕開けになった作品と言えます。

70年以上の時を経て忠実に再現。

デンマークを代表するプロダクトカンパニーROSENDAHL社は、ヤコブセンのプロダクトデザインの原点とも言えるこのテーブルクロックを現代に甦らせるために、LK社のシニアスタッフとともに復刻プロジェクトチームを結成。

デンマークの博物館に展示されている希少なオリジナル製品を入手し、そのデザインを忠実に且つ「美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る」というヤコブセンの言葉通り時代に合わせた機能を加え、幻と言われたヤコブセンのテーブルクロックをオリジナルに忠実に復刻させました。

現代仕様にモディファイされたこれらのクロックは、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能が新たに搭載され、
バッテリーが220Vのコンセントタイプから2本の単3電池に変更。またアラーム音も専用に開発されました。
ヤコブセンがLK社と共同制作した「LK」「ROMAN」「STATION」という3モデルの復刻に加え、新たにヤコブセンの代表作である「BANKERS」「CITY HALL」2デザインのテーブルクロックの製品化も実現。 70年以上の時を経て、ヤコブセンのルーツを辿る幻の名作が現代に甦ります。

オリジナルモデル

初期モデルのグラフィックレイアウトには歴史が感じられるストーリーが秘められています。
特に”ROMAN” ”STATION”の2作品はのちに大きな影響を与える作品になりました。1939年と最初に発表されたのは、”LK”と"ROMAN"モデルであり、どちらもホワイトとブラックでプラスティックケースが使用され、アラーム機能は付いていませんでした。

1943年、Lauritz Knudsenがより厳格なアート作品に妥当性を感じ、スタンダードなドイツのフォントを少しアレンジしてインデックスに使用したデザインクロックを発表しました。そして、そのクロックは”ほんの少し”伝統的なブラックのプラスティック製スタンド付きのものでした。
この顔のデザインは後にデンマーク国内の鉄道各駅に設置された掛け時計のデザインにもなったことから”STATION”という呼び名がつけられました。

復刻モデル

今回の復刻に際し、オリジナルに忠実に再現しながらも、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能が新たに現代的に搭載されました。
同じく、アルネ・ヤコブセンの名作で既に日本でも壁掛け時計と腕時計として展開している”BANKERS””CITY HALL”の2デザインもオリジナルに追加制作されました。