1. Top
  2. Designer

ARNE JACOBSEN 1902-1971 建築家・デザイナー デンマーク・コペンハーゲン生まれ デンマーク王立美術(芸術)アカデミー出身

時を超え人々を魅了し続ける、北欧デザインの巨匠アルネ・ヤコブセン

アルネ・ヤコブセンは、デンマークが生んだ、20世紀でもっとも影響力の大きい建築家兼デザイナーであり、今日のモダンな北欧デザインの原型を作り上げたデンマークデザインの父と呼ばれる人物です。 世界ではじめて背座一体の3次曲面を実現した「アントチェア」や、美しいラインの「セブンチェア」、身体を包み込む緩やかなカーブを描く「エッグチェア」などはあまりにも有名で、時を越え今もなお世界中の人々を魅了し続けています。ヤコブセンがデザインした椅子は、日本でもカフェや美術館などでよく見かけることができます。
1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業後、1929年、円をモチーフにモダニズムの形式をとった「未来の家」の発表を機に、建築界にその名を馳せることになる、ヤコブセン。1932年には海水浴場をはじめ、時代の最先端を行く集合住宅、劇場、レストランなど、白く輝くモダンな建築群「ベルビュー・ビーチ」の大規模なリゾート計画を手がけました。1950年からはデンマークの家具メーカー“フリッツハンセン社”とともに家具デザインを開始し、1952年発表のアントチェアをはじめ、セブンチェア、スワンチェアなど、数々の傑作を作りあげました。
トータルデザインという名の完璧主義に基づき作られる作品は、建物だけでなく、家具およびその他のインテリアに至るまで統一したテーマのもとにデザインされています。「SASロイヤルホテル(1960年)」とともに設計された「エッグチェア」や、「デンマーク国立銀行(1971年)」の設計時に作られた「バンカーズクロック」は、ヤコブセンの哲学が見事に花開いた傑作です。「美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る」というヤコブセン自身の言葉通り、生み出すプロダクト全てが計算し尽くされており、それらが半世紀以上経過した今でもデンマークのみならず世界中で高い評価を得ているのは、クリエーターとしての視点とユーザーとしての視点を高次元で具現化しているからと言えるでしょう。

Work Of Art

世界ではじめて背座一体の3次曲面を実現した「アントチェア」(1952年)

世界ではじめて背座一体の3次曲面を実現した「アントチェア」(1952年)

アントチェアから改良を重ね、生まれた美しいラインの「セブンチェア」(1955年)

アントチェアから改良を重ね、生まれた美しいラインの「セブンチェア」(1955年)

トータル・デザインの集大成「SASロイヤルホテル」(1960年)

トータル・デザインの集大成「SASロイヤルホテル」(1960年)

温かさと軽快な印象を与える「スワンチェア」(1958年)

温かさと軽快な印象を与える「スワンチェア」(1958年)

SASロイヤルホテルのロビーという空間のための「エッグチェア」(1958年)

SASロイヤルホテルのロビーという空間のための「エッグチェア」(1958年)

ヤコブセンのデザイン哲学が結晶した「デンマーク国立銀行」(1971年)

ヤコブセンのデザイン哲学が結晶した「デンマーク国立銀行」(1971年)